馬場家住宅で江戸時代末期の住宅の様子を知る

長野県には、一度は訪れたい建築物が多数あります。
今回は松本市にある馬場家住宅について紹介したいと思います。

馬場家住宅は、松本市内田にある、江戸時代の末期に建築された、大きな庭を持つ立派な屋敷です。
屋敷の主屋は、本棟造という特徴的な作りとなっていて、これは長野県中部に建築された民家の特徴でもあります。
馬場家住宅は、江戸時代末期のこの地方の住宅の姿を現代に伝える貴重な建築物なのです。
馬場家住宅の内部は、すみずみまで見て回ることができます。

当然屋敷の中に上がることができ、靴を脱いで廊下を歩き探検すると、昔にタイムスリップしたかのような気分に浸ることができ、とても貴重な体験になるはずです。
馬場家住宅の周りには、風情のある庭があり、祝殿裏の大きなケヤキ(松本市特別天然記念物指定)は、屋敷を作った当時の権力や財力を象徴しているように感じられます。
この屋敷は、小高い丘のようなところにあるため、眺望がすばらしく、北アルプスや松本市街を一望することができ、屋敷だけでなく壮大な景色をも楽しむことができるのです。
アクセスがあまり良くないのが残念なところですが、是非一度行ってみてください。