旧開智学校で長野県の教育の歴史を感じる

旧開智学校は、明治6年に開校された明治時代初期の学校で、その当時の擬洋風建築としては、最も古いもののうちの一つで、重要文化財に指定されています。
旧開智学校は、明治時代初期に建築されたとは思えないほど立派でモダンな雰囲気を醸し出しており、教育熱心な長野県を象徴するような建築物だといえます。
旧開智学校の内部は観覧料を払えば見ることができ、当時の様子がよく分かるような展示がなされています。
旧開智学校は、アクセスがしやすく、松本駅から徒歩25分程で行くことができます。
近くには松本城もあるので、両方訪れることができるのがうれしいポイントです。長野へ行った際は是非これらの建築物を訪れてみてください。