長野で家を建てる時に注意したいこと

長野県は本州中央部に位置して、周りを森に囲まれています。
住宅は自然環境の中にあって地位により気候特性が異なることは家づくりで気にするポイントも変わるのです。
雪が降らない季節、家に与える影響の差は大きいくないですが、雪が降る時期は積雪が多い地域とそうでない地域は影響が大きく異なります。
長野は盆地で寒くて雪が降らない地域で家を建てるときは注意したいことがあります。

寒さ対策

冬暖かく夏涼しいことで、とにかく寒くて対策として家の機能で抑えておきたいこと。
高気密高断熱住宅が大事。そして水道の凍結対策ですが、気温0度以下になれば当然水はこおって蛇口、給水管の水が凍ってしまえば割く悪凍った氷が膨張し、家が水浸しになってしまいます。
そして、積雪が多い給水管が雪の中にある地域より、雪が少ない地域のほうが給水管は凍りやすいです。
また、土がこおった時の対策として、建物の土台になる基礎部分を深くして、底が持ち上げられて傾いたり、移動するようなことがないよう対策する必要が出てきます。
東京など一般的気候は、地盤面から45センチ以降。長野だと凍結深度は行政規制で70センチ以上となっています。
長野の自然環境、家を建てるとき注意したいことですが、長野は自然が豊富な地域で見方を変えれば環境の厳しさある地域です。
そして雪が多い地域の施工法のメリットが雪の少ない地域だとデメリットになることもあり、その逆もまたあります。
それだけにお客様はこんなはずではなかったということがないように、温かい家で本当に良かったと思えるような家づくりを長野の業者は行っています。
また、長野の家について中古住宅を内覧して周囲の築数十年の家を観察してみて思ったことは、これほど寒冷地なのに断熱材が入ってないのが不思議でした。
そして、理由として冬寒いが夏それなりに日中気温が上がって家が夏仕様になっているということ。
夏はそれなりに熱いのは確かで、長野県はごみを出す量が全国一少なくて生活の美徳みたいなものが根付いてるかもしれないです。