長野の外壁塗装・屋根塗装に適した季節とは

塗装をしようと考えているんだけど何時やればいいんだろう、適した季節ってあるの?
外壁塗装や屋根塗装を行うにあたり、どの季節が良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?
きっと溶剤が揮発してから硬化するものを取り扱ったことがある方なら、感覚的に冬は乾くのかな?夏は早く乾くので塗るのが大変なのじゃないかなって疑問があると思います。
外壁に使用される塗料も屋根に使用される塗料も、溶剤が揮発してから硬化しますので、そうお考えでしたら間違っていないでしょう!
特に長野の冬は寒いので長野で外壁塗装や屋根塗装を行うとすれば温度管理をしっかりと行わなければなりません。
そのため、塗装を行う季節としておススメするのが春から秋にかけてです。
長野の夏は湿度も低いことから塗料にとって決して悪い環境ではありません。

全国的に見るとどうなのでしょうか?

全国的に見るとどうなのでしょうか!?
多くの塗装屋さんが口を揃えて答えるのは春と秋です。
空気が乾燥し、温度差も少ないことがあげられます。
より具体的には4〜5月と9〜10月位です。
この理由として、空気が乾燥していることが挙げられます。
塗料はしっかりと乾燥させなけらば機能が低下してしまうことから、天気が安定している4〜5月、9〜10月が適しているのです。

それでは、適していない季節はいつなのでしょうか

それでは、適していない季節はいつなのでしょうか?
今までお伝えしてきたように、寒さと湿度に気をつけなければならないことから、外壁塗装は春と秋の乾燥している季節が適しています。
ですが、塗装に適していない季節も存在します。主に梅雨と冬です。もしこの時期に施工をお考えの場合は、工期が延びることを頭に入れておきましょう。
外壁や屋根の塗装には、一般的に10〜14日かかると言われています。その間の職人さんの費用や、乾燥のための戸締りなどいろいろな不具合が発生しやすいです。施工前に対策してから臨んでください。

最後に

すべての塗装が理想の季節に行えるとは限りません。
ただ、適した季節には、どの塗装屋さんも混み合っています。
塗り替えのサインなどを見逃さず、余裕をもって依頼することがおススメです。