長野の冬の気候

日本は四季がはっきりした国で、地域により同じ季節でも天候、温度は大きく変わります。
そして積雪おおいところ、そうでないところは家の建て方は大きいく違います。
長野県松本市はあまりの寒さで冬は地面が凍ります。
数十センチ凍ってしまうこともあり、それに合わせて基礎も深くつくらないと外周部からの冷え込みで建夫のが冷やされてしまうのです。
駒ヶ根は空気がおいしく既往もよくて野菜や果物も収穫してから間もないので新鮮です。
駒ヶ根は文化活動が活発で公民館でカルチャースクールみたいな教室が開かれていたりします。
夏は熱帯夜がほとんどなくて、寝るときエアコンは必要なく冬の雪も思っていたより大変ではありません。
ここは街を一周し歩いて回ろうとすることもできるコンパクトな街です。
やはり建物は移住先の気候風土に合うものがいいでしょう。長野県は床暖房や太陽光発電も設置検討してみましょう。
冬季オリンピック舞台になった長野県ですが、気になるのは雪の量ですが、地域により冬の積雪量に気候の違いがはっきり出るのが特徴。

北信は豪雪地域でもあります

北部市街地も70センチ程度の積雪があります。
積雪おおい地域のところの特徴は雪の重みに耐えられるように柱が太くて、屋根のひさしが短いです。
冬の寒さに備え床、壁の中の断熱剤が厚く、玄関の戸が二重になっている家が多いです。
屋根の雪対策で、屋根に雪止めがあったりする家も。
長野はその昔信州と呼ばれていて、その名残が今でもあって、信州大学もそうですし、信州の歴史は古くて、有名な諏訪大社もあって今観光客に大人気。
便利な都会の暮らしに慣れてしまった方は田舎暮らしは無理と考えてる人も多いですが、実際長野県は意外に都会です。
長野県のゲストハウスはお勧め。最近地域のコミュニティの中心になってる宿もあったりします。
長野県は標高が高くて海に面差なくて、夏でも夜気温が下がってすごしやすいです。猛暑でも夜クーラーは必要なく肌寒いぐらい。